FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿

ヨシの旅日記

ヨシがこれまで行った旅の写真をメインに旅記録を綴っています。                                      コメントや応援メールいただけると小躍りします(・ω・ノ)ノ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
カムイワッカの滝と並ぶ名勝、知床五湖へ。

知床は世界的にも希なヒグマの密集地。

職員さんに聞いたら、何度もヒグマ見たことあるらしい・・・。

オラ、すっげぇわくわくすっぞ!!

そんな悟空的気分で出発。

ss-IMG_3397.jpg
いい天気♪
そして、オラは川で遊んでそのまんまの格好。
自然乾燥です☆

五湖をめぐるコースを選択、1周約90分の道のり。
人気の観光地だけあって人が多いのだが、それにしても多いな。

あっΣ(・◇・)

今日は土曜日だからか!
旅してっといまいち曜日感覚がなくなります。

ss-IMG_3398.jpg
まずは一湖め。

エゾ鹿が水浴びしてましたよ。

ss-IMG_3400.jpg
コレも一湖かな。二湖かも。

つーか、道が渋滞。

人うぜぇ~・・・まぁ、わたくしもですが。

ss-IMG_3401.jpg
二湖め。

なんか人が減ってきてる気がする。

ss-IMG_3402.jpg
そして、三湖め。

ここまでくると人がいない。
ツアー客が多いため、みんな帰っていきました。

ほんと空気がうまいってゆーか、気持ちいい(≧∇≦)

ss-IMG_3404.jpg
足元見ても、自然がいっぱい☆

ss-IMG_3405.jpg
四湖め。

なかなかキレイな景色♪

ss-IMG_3406.jpg
五湖め。

みんなで五湖ぉー(・ω・)/の写真。

ss-IMG_3407.jpg
歩いてるときに、セルフタイマーをセット。

ヨシ「ほら、みんな!セットしたよ~、こっちむいてぇ~。」

って、言ったら。

みんな「わぁぁぁい(≧∇≦)」

うおっ、出遅れた( ̄□ ̄;)!!

まさかそんか急にスイッチ入るとはおもわなんだよ。


その後、ヤス車とずーまーがとめてある自然センターまで戻り別れの時。
車と原付きじゃ~、旅のペースが違うからねぇ~。

またどっかで会えたらいいな(≧∇≦)


つづく


追記
ちなみに昨日こーちゃんに連絡したら

治験バイトで入院してました(笑)

俺も1回やってみたかったわ~。




スポンサーサイト
カムイワッカの滝。

ココは秘境にて、秘湯なのだ。

ss-IMG_3375.jpg
こんなところで。

ss-IMG_3377.jpg
こんなとこ。

道などなく、滝を逆流して登っていくしかない。
つるつるすべるから滝登り用の足袋とか売ってたりするが
靴下で登るのが一番☆靴のままや裸足だと確実にコケます。

ss-IMG_3379.jpg
残念なことに、落石のためココより上には行けず(-_-;)
ホントなら30分ほど登っていくと、あったかいお湯に浸かれる。

ss-IMG_3380.jpg
まぁ、仕方ない。(ヤスが撮影)

ぬるくてもとりあえず突入(≧∇≦)
ss-IMG_3385.jpg
温水プールぐらいかな☆
昼に来てよかった、気持ちいいわぁ~。

ss-IMG_3387.jpg

すげぇ、楽しい(≧∇≦)
ココの成分は超硫酸泉のためぴりぴりする。
その上、なんかむず痒い。
皮膚が弱い人は入れないらしい。

ss-IMG_3388.jpg
滝を下るこーちゃん。

ss-IMG_3390.jpg
天然スライダー(・ω・)/

しばらく、わいの♪わいの♪遊んでたら、見知らぬおじぃが声かけてきた。

おじぃ「どれ。写真を撮ってあげるよ!」

ヨシ「いや、三脚あるんで大丈夫です!」

買ったばかりのデジカメを落とされたらかなわないし(T◆T)

おじぃ「遠慮せずに!せっかくだから、2人で♪」

2人で・・・???

あぁ、勘違いしてんのか。

ヨシ「いや、別にカップルとかじゃないし。全く遠慮してませんから」

おじぃ「ほら!貸してみ?」

ヨシ「だから、このデジカメは昨日買ったばっかだから!
    おじぃちゃんに渡して落とされたくないんですって!!」


おじぃ「大丈夫だか・・・おぉ!・・・・ほら♪」

ヨシ「今、よろけたじゃんか!!
    よろけ様に振り向いて『ほら♪』って
    信用できるかぁぁぁぁぁぁぁーщ(゚Д゚щ) 」


まわりで見てる見知らぬ人ら、みんな爆笑(T∇T)

もう仕方なく1枚だけ撮らせてあげたよ(-_-;)

ss-IMG_3393.jpg
くそっ、ひやひやさせやがって!

おじぃ「せっかくだし、もう1ま・・・」

ヨシ「もう、いいから早く返せ!!」

まわりは爆笑。

なんでこんなとこでおじぃとコントせないかんのだ(T◆T)

つづく






今日から松葉杖を卒業するつもりだったのに・・・。

体重の2/3で我慢なさいと、女医様が(-_-;)

年明けには走ったりできますか?との問いに。

無理ですよ、ゆっくり治しなさいと、女医様が(-_-;)

あぅ~、予定が尽く崩れていくわけで・・・。

でも、多少のことは気にせず突き進め!で行こうかなと。

来週こそは、クララに並ぶぞ(・ω・)/
2006.11.29.Wed 22:09 | 骨折生活 | trackback(0) | comment(7)
むにゃ・・・

はっ(゚◇゚;)!!

もう朝じゃん!

ss-IMG_3368.jpg
 おはよ~ございます♪

さてと・・・どうしたものか。

このテントは両側に出入り口があるんのだが
ヤスのテントとぴったりくっつけてしまってて・・・
そしてオラはヤスのテント側なわけで・・・

10分ほど悩んだあげく、自分に近い出入り口から無理やり出る。

ss-IMG_3369.jpg
清々しい森林の匂い(≧∇≦)

鹿のファミリーがその辺をうろついてたよ。
あ~、もう鹿に飽きはじめてるから、感動しない。

こーちゃんが起きてきたので、2人で朝飯。
ss-IMG_3370.jpg
どー見ても沖縄顔のこーちゃん・・・札幌ってのウソだろ(T◆T)

ななえちゃんも起き、ヤスを起こして出発!

ss-IMG_3371.jpg
3人の旅の愛車。ヤスのです。

本日は4人で、知床観光♪
まずはカムイワッカの滝に向かうべ!

世界遺産となり一般車は規制されてるので、バスにて。

ss-IMG_3374.jpg
カムイワッカの滝に到着ぅ~☆

楽しい予感(≧∇≦)


つづく
ひっさしぶりに愉快な仲間が集合。

しかし、5人がそろったのは午前0時頃。

ノリ、ゴレ、にっしー、ふゆ、ヨシ。

もう1人いるんだが、来るのか来ないのか不定。

まぁ、なんにしろ懐かしいメンツだ。

「じゃ~、どこ行く?」

「俺、風呂入りたい。」

「下呂決定だな(笑)」


ゴレ「・・・ヤダ。遠いし、眠いし。」

一同「えーーー!!Σ(・ω・ノ)ノ」

本日の車担当がまさかの拒絶。
しかも、理由が真っ当な意見なだけに困る。

ヨシ「よし、じゃあ。下呂行くとかじゃなくて、
          とりあえず下呂方面に向かって走り出してみよう♪」


けてーい。

1時間程下呂方面に車を進めたものの

ゴレ「もう限界。帰るわ。」

一同「Nooooooooooщ(゚Д゚щ) 」

「仕方ないな。」

「ゴレ、こっから帰れる?」


ゴレ「普通に無理。」

ヨシ「よし、ゴレがあらかじめ『何個目の信号をどっち!』って宣言して帰ることにしよーぜ!
                    方向はわかるから、まぁすぐ知ってる場所に着くだろぉ。」


「じゃあ、ゴレ!まずは何個目をどっち?」

ゴレ「じゃあ、3つ目を右で!」

・・・思いの外、このゲームは難しく。

「ちょ、行き止まり(笑)」

「ここさっき通ったぞ(笑)」

「ずっとぐるぐるしてるし(笑)」


「つーか、素直に下呂向かってたらもう着いてるし(爆)」

ゴレ「もうホント無理。」

ゴレのギブアップ宣言により帰宅。

にっしーの家に送ってもらい、ゴレは冬眠しに帰っていきました。

「さてと・・・まぁ、寝るか。」


翌朝。


「今から何する?」

「つーか、風呂入りたいんだけど。」

「じゃあ、下呂行くか(笑)」 


なんだろ、なんかずげぇ懐かしい感じがするわ(≧∇≦)

にっしーの運転で下呂へ。

「てか、この景色昨日見たし(笑)」

「ここ昨日何回通った?」


笑いながら2時間、下呂到着。

まずはメシ

houbayaki.jpg
飛騨牛の朴葉味噌焼き。
実に美味だった。

tomato.jpg
下呂の名物らしい、トマト丼。
うまかったらしい。


で、川原にあるおんせ~ん♪

にっしー「つーか、おしっこしたい。」

「お前、中でするなよ!」

ss-IMG_4502.jpg
肌すっべすべで、気持ちいいぃ~。
そーいえば、明るいうちに入るのは初めてだ。

もちろん他にはおっさんしかいません(T◆T)

ss-IMG_4506.jpg
温泉上がりの着衣風景。

ss-IMG_4504.jpg
びみょーに笑ってるから、レアなふゆ写真だ。


「じゃあ、次どこ行くか?」

ふゆ「下呂行く前から言ってるが、帰りたいんだけど。」

・・・

「のど渇いたから、どっか入って何か飲もう。」

みんなナチュラルにふゆを無視。

下呂をたって2時間程。

ふゆ「そーいえば、にっしー『おしっこ』って言ってたわりに
                          トイレ寄らないし、もう2時間以上だが?」


はっ(゚◇゚;)!!


一同「お、お前ッ!!」

にっしー「ちゃうちゃうちゃう・・・ちゃう・・・・ちゃ・・・(-_-;)」

ss-IMG_4513.jpg
疑惑の人。

ss-IMG_4511.jpg
ノリ(ひだり)、ふゆ(みぎ)

帰りたいと言ってから8時間。
そろそろと、ふゆを解放。

で、今度は少年とその彼女さんが合流。

ss-IMG_4514.jpg
左から、少年、ノリ、にっしー。

今からごはん。

ごはん後。

「何すっか?」

「卓球は?」

「温泉には卓球だもんね(笑)」


温泉て、何時間前だよ!

卓球かぁ~。

俺・・・できるんかな(-_-;)

なんだかんだで、けんけんで卓球してみる♪

異常に体力を消耗するけど、なんとかできたわ(≧∇≦)

ss-IMG_4515.jpg
設定は卓球部の卒業写真。

紅一点は少年の彼女さん。

楽しすぎた休日でしたわ(・ω・)/

温泉でさっぱりしまして、意気揚々とウトロへ向かう。
で、走って5分・・・グラサンがないことに気付く(-_-;)
仕方なく、相泊まで戻って探したが・・・ない(>_<)
うぅ、1週間くらい前に買ったばかりなのに。

項垂れるオラの背後から忍び寄る怪しい影!

「何してるの~?今から温泉?」

誰?あなた???

ヨシ「いや、温泉は入ったんだけどグラサンなくして探しに戻ってきたんだべ」

「へぇ~、大変だね。今からはどこへ?」

ヨシ「反対側のウトロに行くよ~。」

「おぉ、同じ♪同じ♪じゃ~一緒にキャンプしよーよ☆大きいテントあるしさ~。」

ヨシ「いいよ~。じゃ~先に行ってるわ~♪」

我ながら軽い(≧∇≦)

ss-IMG_3345.jpg
右から、ヤス、こーちゃん、ななえちゃん☆

ヤス「こーちゃん、ななえちゃん♪家族が増えたよ~。」

いつの間にかファミリーになってました。

この3人は車で旅をしていて、互いに出会ったのはアイヌのお祭りらしい。
はじめは10人以上の見知らぬ人同士で旅をしてたのだが、
だんだんとそれぞれの地元に帰って行き残ったのがこの3人みたい。
ちなみに、ヤスは新潟。こーちゃんは札幌。ななえちゃんは東京の人。

一旦別れて、オラはウトロへ。

ss-IMG_3347.jpg
・・・普通にたたずむ鹿。羅臼の小学校にて。
鹿はちょくちょく見るけど、こんな近くで見るのは初めて☆
あっ、奈良は別にしてね。撮影が怖いったらありゃしない(-_-;)

ss-IMG_3351.jpg
知床横断道路に入ってすぐにある「熊の湯」

さっきの2つの温泉はシャンプーとか使えなかったので、ココでゆっくり汗を流す。
みなさま撮影にご協力ありがとうございました。

あったまったら出発進行。

ss-IMG_3354.jpg
知床峠。

着いた時は霧でぜんぜん見えなかったけど、ちょっと待ったらこの景色。

ss-IMG_3355.jpg
羅臼岳の緑と青空がステキです(≧∇≦)

ウトロに着いたら、ちょうど夕暮れ。
ss-IMG_3360.jpg
海に沈む夕日はやっぱり格別だね。

ss-IMG_3363.jpg
しばし、黄昏てみる。

ss-IMG_3365.jpg
ねこいた。にゃーにゃー♪
俺、手黒っ!!

で、ヤス達と合流。

キャンプ場行って、一緒にメシ食って、テントを・・・。

たてれない(-_-;)

つーか、コレってホントにテントか!?

タープじゃね!!

みんな仲良く諦めました。

仕方なく、オラとヤスが持ってる2人用テントをたてて寝ることに。
2人用テントに2人寝るのは狭いんだけど、ハプニングも楽しい。

ヤス「ごめんね、よっしー。でかいのテントじゃなくてぇ~。」

ヨシ「いいよ、別に。もーまんたい!」

ヤス「じゃあ、よっしー。ななえちゃんをよろしくね♪」

ヨシ「おぉ、わかったわ・・・・え?」

ナナエチャンヲヨロシクネ?

え?

オラが?

狭いテントに?

女の子と?

2人っきり?

ヨシ「ちょっ、ヤス!俺さっき会ったばっかで、
           いくらなんでもそれは・・・
あざーす!!

さっき温泉入ったし!

身も心も・・・身はキレイだよ(・ω・)/

ななえちゃん「よ、よろしく・・・私、こーゆーの初めて。」

ヨシ「大丈夫♪ぼくも初めてだから(≧∇≦)」

でじかめ壊れたけど、グラサンなくなったけど

もうぜんぜんおっけー☆

さぁ、夜はまーだまだ長いっスщ(゚Д゚щ)

長いっ・・・なが・・・な・・・・ぐうぐう。

疲れ過ぎて、寝袋に入ったとたん寝てしまった。。。

つづく





・・・・えっぐ・・・えっぐ(>_<)

でじかめちゃ~ん・・・。

ぼくの・・・でじかめ・・・ちゃ~ん。

るーるるるるる、るーるるるるる。。。

涙を堪えながら、中標津へ。

こーなったら

もう

買うしかな~いщ(゚Д゚щ)

まだ朝早かったので、電器屋が開くのを待つべし待つべし!

すごいぞ安い!ケーズデンキ♪

まぁ、別に安くないんだけど、ねっぎて新しいIXY買いました。
壊れたIXYと充電池が同じだったのでちょっと嬉しい。
元々、予備に充電池買っていたので

充電池3つに充電器2つ♪

無駄と言うなかれ!
大変重宝しております。
旅中はいつ充電できるかわかんないからね。

さて、このケーズデンキでライダーさんに出会ったんですが
なんとバイク雑誌の編集やってる方で名は、ツカモトさん。

ツカモトさん「お昼は食べた?まだだったら『みちのく』ってとこ行くといいよ。
                      俺の名前出せばきっとサービスしてくれるよ♪」

もちろん「みちのく」さんに食べ行きました☆
で、出てきたのがコレ。
ss-IMG_3328.jpg
 食えねぇ~よ(T◆T)

・・・・なんだろ、この旅で一番辛かったわ。

死にそうになりながら、完食!
でも、動けない。
30分以上固まってました(-_-;)

出発。

知床に近づいてくると、国後島が見えてきます。

ss-IMG_3330.jpg
うん、いい天気♪

で、羅臼に入ってすぐにあるのが、ひかりごけ♪
ss-IMG_3334a.jpg
誰がなんと言おうと、ひかりごけ♪

ss-IMG_3336.jpg
真っ昼間のわりには、ぴかってたよ(≧∇≦)


んでんで、羅臼に来た目的は、お~んせ~ん♪
ss-IMG_3337.jpg
セセキの湯。

ココは北の国からで純が入った温泉です☆
まぁ、オラは北の国から見たことねぇ~から知らねぇ~けど。
もち無料です。でも、私有だから管理してる方に声かけてね。

ss-IMG_3338.jpg
やべぇ~、海ッ!だべ(≧∇≦)

眺めがサイコー!

ss-IMG_3340.jpg
もち入る♪

・・・日焼けがえらいことなってんなΣ(・ω・ノ)ノ


もうちょい奥に行くと、相泊温泉があるのん♪
ss-IMG_3341.jpg
原付きで旅してる、ゆうさん♪

ss-IMG_3343.jpg
熱くてなかなか浸かれません。

ゆうさん、けんさん(仮)、ヨシ。
2人とも日焼けがすげぇな。

ss-IMG_3344.jpg
ゆうさんの愛車。

ヤフオクで8000円だったとか・・・。
ガソリンも3ℓしか入らないため、前のカゴに予備タンク。
スタンドが磨り減って、立てても倒れてしまうため
平らな小石を噛ませないとダメなステキなバイクです(≧∇≦)

千葉県の方で、この後2ヶ月ほどシャケバイ(シャケのバイト)で
北海道に滞在するみたい、その後が沖縄でサトウキビかな☆

紹介しきれないけど、いろんな出会いがあって旅はいい!!

つづく





おはようございます。
今回の野宿したのは道の駅「スワン44ねむろ」
謎の中国人リュウさん、おすすめの野宿ポイントだそうで
せっかく薦められたので野宿ってみました。

ss-IMG_3321.jpg
起きたらこんな場所だった。
キレイな湖の畔だったんだね。

さて、出発。
今日は知床方面を目指す予定。
まっしぐらに向かってもよかったんですが、
2年前の足取りたどって開陽台経由で行こうかなっと。

んでんで、さらに開陽台行く途中にキレイな場所があるらしく寄り道。

ss-IMG_3326.jpg
新酪農村。

おぉ、すげぇいいとこじゃん(≧∇≦)

ss-IMG_3323.jpg
 
地平線だべ\(゜ロ\)(/ロ゜)/


つーか、開陽台よりいい眺めなんじゃねぇーかな。

ss-IMG_3324.jpg
展望台にて

ぱしゃ♪

ぱしゃ♪

ぱしゃ♪

ぱしゃ♪

ガゴッ♪

・・・ん?

・・・ガゴッ???

おそるおそる振り返ると・・・

Noooooooooooщ(゚Д゚щ)



で、でじかめが・・・倒れてる(T∇T)

大丈夫!?

しっかりして、でじかめちゃん( ̄□ ̄;)!!  

電源をポチとな♪

ウィーン・・ガガ・・・ガ・・・プス-ン。

Noooooooooooщ(゚Д゚щ)



ぼくのでじかめちゃんが逝きました(>_<)


思い起こせば2年前。

開陽台へ向かう途中、三脚が倒れでじかめが壊れました。
でも、レンズが閉まらなくなったもののなんとか撮影はできた。
今回は撮影不能になっちゃいましたよっと。

・・・・・_| ̄|○


ss-DCF_0002.jpg
開陽台・・・携帯カメラでの撮影。

ss-DCF_0003.jpg
開陽台からの眺め1・・・携帯カメラでの撮影。

ss-DCF_0004.jpg
眺め2・・・携帯カメラでの撮影。

ss-DCF_0008.jpg
北19号・・・携帯カメラでの撮影。

携帯カメラ・・・で・・の・・・撮影。


うぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁん(>_<)



つづ・・・く?





傷口注意(・ω・)/


そーゆーのキライな人は見ないでね♪


トラックと戦ってから早8週目。
だんだんと左足くんも復活してきました。

今日は、そんな左足くんの軌跡☆

ShowLetter4.jpg
戦い10日後。

このころはまだ腫れもひどく、足をあげてないとどんどんうっ血。
右足も打撲ってたので、ほとんどひきこもり生活。
家の中の移動も大変だった(>_<)

ShowLetter2.jpg
これも10日後くらい。

足が2周りくらい大きくなってます。
まだ擦り傷も痛々しく、縫った方も抜糸してません(>_<)

ShowLetter.jpg
2週間後くらい。

抜糸後の傷口です。
ぐちゃってた時の傷をあまり覚えてませんが
キレイに縫ってあるように思えます(・ω・)
このころは足をごしごし洗えないため角質がたまってます。


ShowLetter5.jpg
本日の傷口。

傷口のかさぶたもすっかりキレイになってます。
あと古い角質もとれてさっぱりな左足くんです(≧∇≦)


そして、今日から直立ができるようになりました☆


ただ直立ができるだけで、1歩は踏み出せません。

未だにクララ以下です、はい。

めざせ直立二足歩行です(・ω・)/





2006.11.22.Wed 22:21 | 骨折生活 | trackback(0) | comment(8)

ありがとう 5000Hit


無理にカウンターを増やそうとは思ってませぇ~ん。
このくらいのペースを維持できるようにしたいなぁ。

常連さんを大切にしていきたいです、はい。
今後ともよろしくお願いします。

突然、更新しなくなったらきっとこっそり放浪してます(≧∇≦)

で、こっそり放浪して・・・・・ひかれてる、俺(T◆T)

2006.11.21.Tue 21:11 | 日々の戯言 | trackback(0) | comment(8)
とりあえず根室市をスルーして、納沙布岬へと向かう。

天候がびみょーな上に、日も落ちてきており
近づくほどにバイクはもちろん車も通らず寂しくなっていく。

そして「北方領土返せ!」看板がたっくさんありました。

納沙布岬・・・着いたものの。
暗いし、寒いし、寂しいし(-_-;)

さっさと作業を終えて帰りたい。。。

ss-IMG_3303.jpg
はいはい、灯台。

ss-IMG_3304.jpg
はいはい、返せ返せ。

ss-IMG_3306.jpg
はいはい、本土の東端っこ。

ss-IMG_3312.jpg
はいはい・・・なにコレ???

正直、日本人なのに日本の歴史に疎い自分が恥ずかしいわけですが
どーゆー流れで領土問題になってんのかいまいちわからん。

日ソ共同宣言、ヤルタ会談、ポツダム宣言。。。

あぁ、語句のみで内容さっぱりだ・・・履修してても頭真っ白だ(-_-;)
せめて意見を持てるくらいの知識は欲しいと思ってみたり。

つーか、領土問題を当事国で解決するのは困難かと。
やっぱ裁判で客観的にお裁きされた方がいいのかなと。

ただ現行の国際裁判の開廷には双方の合意が必要なわけで
難癖つけて領土主張してるだけの国は裁判させると不利なわけで
裁判とか嫌だもん、でもココはぼくらの陣地だもん。と、なるわけで

一方の当事国の裁判請求のみで開廷できるようにすればいい気がします。
(選択条項受諾宣言なんてもんもあるけど、意味なさなくなってきてるので説明割愛)

いい気がします。なんて簡単に言ってみたものの、そんな単純な問題じゃないんだろね。


・・・・・まとめれません。

根室市の戻ります。

ss-IMG_3316.jpg
店名がピカってて見えませんが「ドリアン」さん。
根室名物「エスカロップ」なるものを食しに来ました。

どんな料理かというと、
バターライスにカツレツのっけてデミグラかけた食べ物です。

ss-IMG_3319.jpg
コレがエスカロップ。

想像を寸分違わぬ味でした。

まさしく!!

バターライスにカツレツのっけてデミグラかけた食べ物


つづく


おなかが満足したから出発。

絶対ココには来たかったよ、釧路湿原。

雲が多かったのが残念だけど

ss-IMG_3291.jpg
眺めサイコー(≧∇≦)

実に広大ですがな。

ss-IMG_3282.jpg
夕日もキレイみたいなので、次は夕暮れ狙って来たいなぁ。

北海道屈指の絶景ですな☆

さてと、次の進路は根室方面。
霧多布湿原経由で向かいます。

途中で水分補給のためセイコーマートへ。
前々から気になってたのをついに購入。

ss-IMG_3298.jpg
ソフトカツゲン!

どのコンビニ行っても必ず目に付く、カツゲン。

コンビニ遭遇率が100%だよ、カツゲン。

北海道限定みんなに愛されて半世紀な、カツゲン。

ss-IMG_3297.jpg
ぐびぐび♪

ヤクルトとカルピスを足して2で割った感じかな。
すげぇーうまいわけでもないが、まずくもない。

太陽さんが気持ちよいから、芝生で昼寝して再出発!

今日の太陽さんは気まぐれで、照ったり隠れたり。
霧多布湿原に近づくと太陽さんは逃亡(>_<)

何気なく売店のおばちゃんに
ヨシ「霧多布っていうだけに、霧が多いんですね~。」

おばちゃん「違う違う、ほんのさっきまですっごく晴れてたよ♪」


なんですとΣ(・ω・ノ)ノ

ss-IMG_3300.jpg

・・・見えやしねぇ(T◆T)


下界におりて見ればいいもん(>_<)

ss-IMG_3301.jpg
ほらほら、霧多布湿原。

ツーリングマップルをじっと見てたら、目の前の浜はバイク走行可能と。
ついこの前、石川県の千里浜なぎさドライブウェーを走ったばかりなので
そんなんを想像して、わっくわくで砂浜行ってみる♪

ss-IMG_3302a.jpg
 
ボッコボコですた\(゜ロ\)(/ロ゜)/



つづく

3日程前

1年以上会ってない友人のfuyuにメールしてみる。
もちろん骨折してることは知らない。

「fuyuは週末とか名古屋に来てぼくと遊べばいいと思う」

返信
fuyu「じゃー岐阜で・・・・なプランはどうよ?」

折れてるし、岐阜はいやん。

ヨシ「名古屋がいいのですが、何か?」

fuyu「・・・わかった。」

ひかかたなー、捕獲成功(・ω・)/



で、当日。

ヨシ「あっ、fuyu!久しぶり~♪」

fuyu「うはっ、なにその松葉杖的なものは???(笑)」

ヨシ「えーと、何が知りたい???」

fuyu「全部。最後に会った日から折れるまでを」


話は尽きない。

そして、楽しい(≧∇≦)

オラの足がアレなんで移動はとてもゆっくり。

ただ神様はちゃんと見てます。

がんばっているといいことが♪

もこみち君はけーんщ(゚Д゚щ)

ヨシ「おぉ、もこみち君じゃんか!?ちょfuyu、コレは!!」

fuyu「まさか撮る気か?」

ヨシ「当たり前じゃん!!さぁ、共に(≧∇≦)」

fuyu「まぁ、いいけど。」

あぁ、ステキな友達☆

ヨシ「と、ゆーわけでお姉さん撮ってください。」

auのお姉さん「はい、撮りますよ~♪」


ss-IMG_4500.jpg
 パシャ♪

ヨシ「あれ?fuyuはauだっけ???」

fuyu「いやドコモ。」

ヨシ「俺はソフトバンクだわ(笑)お姉さん、ごめんよ(≧∇≦)」

auお姉さん「・・・今度はぜひauを♪」


あぁ~、楽しすぎた1日だった。





豚丼食べたら宿探し。
ツーリングマップルに載ってたライダーハウスへ行ってみる。
初のライダーハウスなのでどきどきわくわく(≧∇≦)

向かった先は「ヤドカリの家」

ヨシ「すいませぇ~ん、今夜宿泊できますか?」

じじぃがめんどくさそうに現る。

じじぃ「・・・泊まれるよ。こーゆーとこは初めてか?」

ヨシ「はい、初めてです♪」

じじぃ「チッ・・・素人か。」



って、コラまてぇい!!
てめぇ、今舌打ちしただろщ(゚Д゚щ)
なんだその態度ッ!!
おめぇ、コレでおまんま食ってんだろが!!


と、まぁ軽くキレそうになったものの
今から他へ行くのはめんどーなのでガマンしてココに決めたさ。

部屋は散らかった大部屋に自分のスペースは寝袋分です。
他にもライダーさんがいっぱいいました。
明らかに住んでるだろって方も。
テントもいいけど、ライダーハウスも楽しいな♪

イビキに耐えながら就寝・・・zzz。


8月24日
おはようございます☆

ss-IMG_3264.jpg
部屋はこんな感じ。

まだ5時頃なので誰も起きてないす。
原チャリダーの朝は早いのだ!
同部屋ライダーさんにお別れも言えずに出発。

ss-IMG_3267.jpg
こんなとこ。もう2度と・・・。

清々しい朝☆
さぁ、行くべ!

ss-IMG_3268.jpg
素敵な朝日(≧∇≦)

あ~、朝日はキレイだったのに天気は不安定。
小雨が降ったり、止んだり。
雨かカラダが冷えるからキライです(>_<)
途中、道の駅「しらぬか恋問」で雨宿りのため中へ・・・


はい、怪しい人はけーん(・ω・)/

接触開始。

ヨシ「こんにちは~( ̄◇ ̄)」

怪しい人「コンニチハ~。」


おぉ、日本人ですらないのか(゚◇゚;)

ss-IMG_3270.jpg
いぇい(≧∇≦)

ナゾのヒッチハイカー中国人の「リュウ」さんです。
今は佐賀県に住んでます・・・
って、佐賀から来たんかいなΣ(・ω・ノ)ノ
ずげぇぞ、リュウさん。

色々カタコトの日本語で語ってくれるリュウさん。
わざわざ地図広げて、旅の軌跡を解説してくれるリュウさん。
って、リュウさん!地図が広域ずぎやしねぇか!?
ヒッチハイカーはデカい都市さえわかればいいらしい。

話は絶えない。

この道の駅は野宿に最適だの、ここで出会ったおじさんはいい人だの。
日雇いのバイト情報やら、住み込みできるところやら。
全国各地のおすすめを伝授してくれます。

・・・ただほとんど使えねぇ(T◆T)

リュウさんおすすめ情報の1例

「キリシマシノアイスクリームヤノタナカサンハヤサシクテイチニチハタラクト7000エン
  モラエテトメテクレルカライクトイイデス。シカモガンバレバ8000エン」

(霧島市のアイスクリーム屋の田中さんは優しくて日給7千円で、泊めてくれる。がんばると8千円にアップ。)

リュウさん、ヒント少な過ぎだよ(T∇T)
霧島市・アイスクリーム屋・田中じゃ辿り着けねぇ。

変なステキな中国人でした。

リュウさんと別れて、釧路へ。
お昼時に到着いたしました。

お腹がすいたら、名物♪名物♪
釧路と言ったら和商市場の「勝手丼」だね。

食べ方。
 ①まずは、どんぶりごはんを購入。
 ②市場をうろうろして、好きな具材をトッピング♪
なんてステキ丼(≧∇≦)

ss-IMG_3277.jpg
お店のおばちゃんが撮ってくれました。

具材に迷ってると、おばちゃんがおすすめ教えてくれる。

おばちゃん「盛り合わせ選んでから、好きな具を足す方がお得だよ!」

ヨシ「ほほぉ、じゃ~この盛り合わせを基本にして~・・・」

おばちゃん「コレ今日のおすすめ!えびいっぱいだし、とび子乗ってるし♪100円だし♪」

ヨシ「ほほぉ、ではそのエビちゃんをおくれ♪あとは・・・」

おばちゃん「さんまは食べたの?」

ヨシ「え?食べてないけど?」

おばちゃん「釧路来たら、さんま食べなきゃ!乗せるよ?」

ヨシ「ほほぉ、じゃあさんま食べる。で・・・」

おばちゃん「いくらは?」

ヨシ「北海道じゃないけど、すじこ食べた!」

おばちゃん「じゃあ、ウニだね!甘いよ~。」

ヨシ「ほほぉ、ではウニをおくれ。」

・・・俺、なすがまま(T◆T)

ss-IMG_3280.jpg
コレで1500円くらいだっけかな。たまごおまけしてくれたよ。

うまかったぁ~(≧∇≦)


釧路に来たら、ココはおすすめ。
おいしいし、楽しいし、安いし♪


つづく






今日のブログはめったにない日記です。
リアルタイムの現状報告です。


ご近所をちょっと散歩するだけで異常に体力が
消耗する生活を余儀なくされています。

どうもこんばんは、ヨシです。

車椅子と松葉杖、体力的にはどこでも休憩できる車椅子の方が楽です。
ただ車椅子はちょっとして段差にめっぽう弱いのと
運動不足の解消のため松葉杖を使うようにしてます。
でも、本屋に行く時は車椅子ってステキ(≧∇≦)
だって、ゆっくり読めるんですもの♪

・・・そんな戯言はさて置き。

本日より、リハビリが新たな段階へと進みました。
これまでは足首の固まってしまった関節やら筋やらをほぐすリハビリ
まぁ、マッサージみたいな感じだったのですが
リハビリレベルがアップいたしました(≧∇≦)

20061116181937.jpg
・・・直立(T◆T)

(足首に巻いてるのは温めるものでギブスじゃないよ。ギブスは取れてます。)

寝てると、ベッドが起き上がり直立姿勢にしてくれます。
うぅ、クララだって自力でがんばって立とうとしてるのに・・・。
しかもなんつーか、地味に痛い(T∇T)

ただ立ってるだけて・・・地味この上ない。

体重の1/3だけ左足にかけてよくなりました。
コレがまためんどいんです。
松葉杖も慣れたから、結構がんばればサクサク進むんですが
「1/3だけかかるように歩け」と言われると、難しい。

体重かけ過ぎたらどうしよう(>_<)
と、かなり臆病になります。

・・・本日より、歩くスピードが落ちました。



2006.11.16.Thu 21:02 | 骨折生活 | trackback(0) | comment(8)
「ごめんじこったきょうむり」

そんな短文・ひらがなメールはインパクト大だったようで。
ごめんよ、みんな(>_<)でも、変換する気力がなかったのだよ。

で、病院に運ばれ、動くベッドに乗せられ、処置室に到着。

そこでぼくは気力を振り絞り

ヨシ「す、すいません・・・コレって・・・ERって奴ですか???」  
看護師「・・・そうよ。」


ER初体験(≧∇≦)

ひかれた国道は交通事故が多いらしい。
で、ぼくの白い骨を見る人みんなが

「よかったねぇ、足で。」

「あなた悪運強いわねぇ」

「骨が皮膚突き破ってないし、よかったね☆」


みんな喜びを強要してくるんですけど(T◆T)

せめて喜びレベルを「不幸中の幸い」にしてくれませんか?


病院着いて安心はしたものの、これからが地味に辛いです。

靴を脱がされる。←足首折れてます、切れて骨見えてます

ジーパン脱がされる。←足首折れてます、切れて骨見えてます。

色んな角度からレントゲン撮ります。←足首折れ・・・以下略。

あう~、レントゲンなんて嫌いだ(>_<)
ちなみに頭のCTも撮ったよ☆これまた初体験。

で、結果は左足首の剥離骨折。
んで、傷口がまだぱっくりなので縫い縫いタイム。

まずは麻酔して、傷口の消毒。
麻酔痛いよ・・・すいません、麻酔の麻酔ありません???
麻酔が効いてくると痛みはひいてきます。

ぴちゃ♪ぴちゃ♪

傷を洗う音が生々しい。
しかも麻痺してるのは痛覚のみなので、消毒液の冷たさは実感。
冷たい感覚だけある、なんか変な感じです。

ぐちゃぐちゃしてる傷口のぐちゃぐちゃ部分を切除してから、縫い縫い♪

8針縫いました(T∇T)


ココは千葉、もちろん1人で愛知県に帰るのは不可能なので
本日は千葉の病院にお泊り保育です(≧∇≦)

ss-IMG_4477.jpg
ひかれてから6時間後。

あう、痛い(T◆T)

明日は気合いで帰らねば・・・。

2006.11.15.Wed 23:13 | 骨折生活 | trackback(0) | comment(8)
黄金道路を走り終え
海に別れを告げて、帯広方面へ。

だんだん日が落ちてくるのだが帯広を目指す前に
どうしても行かなくてはならない場所が。

幸せを求めてたどり着いた場所は

ss-IMG_3253.jpg
幸福駅です。

こんなとこに1人で来てる時点で幸が薄い気もするが、その辺には触れないでくれ。

ss-IMG_3248.jpg
幸福ホーム。

ココ幸福駅は20年程前に廃線になっているが
「幸福」なんて駅名なもんだから有名な観光名所になってます。
だから待合室や、ホームが保存されてます。

ss-IMG_3256.jpg
レールは列車も残ってたりするよっと。

ちなみにこの駅から2つ帯広方面の駅の名は「愛国駅」
だから合わせて「愛国から幸福ゆき」切符がブームになったりしたみたい。

ss-IMG_3254.jpg
・・・・・わかってますから。何も言わないで(-_-;)

ss-IMG_3255.jpg
あぁ、せつねぇ。

そして、勢いで「幸福切符」を買っちゃいましたよっと。

ただ・・・その幸福切符が

今、どこにあるのか、わからないわけで

・・・幸せを見失ってます。


幸せ探しに行ったはずが、孤独を再確認してしまう結果となり
軽く鬱になりながら帯広へバイクを走らせる。

帯広到着、いぇい♪
ココは「豚丼」が名物だ、いぇい♪
豚丼発祥の店「ぱんちょう」に行くぜ、いぇい♪
行ったら営業時間終わってたぜ、いぇい♪

 _| ̄|○


べ、別にいいもん。豚丼は「ぱんちょう」だけじゃないもん
元祖なだけで、あんまおいしくないって噂だもん。
ほ、他のもおいしい店たくさんあるんだからねっ。

ss-IMG_3261.jpg
これが豚丼だ、いぇい♪
「海老金」さんで食べました。
ココはおいしいと評判のお店なのだ。
大変おいしくいただきました(≧∇≦)

さて、お腹も満たされたし宿探しだ。




男には戦わなければならない時がある。

しかし、その時・場所・相手をよく間違える。


とゆーわけで、わたくしヨシは

10月の初旬

無謀にも異種格闘技戦に挑んだわけなんですが

その対戦相手は




・・・・・4tトラック(T◆T)



はい、すでに豪快に間違ってる。

もちろん惨敗です。

ボッロボロです。

だって、4tさんったらどんどん左に攻めてくるんですもの(>_<)

なす術もなく、ミラーが接触。
    ↓
バランスを崩し、転倒。
    ↓
わたくしの足をベキッ♪
    ↓
いでぇぇぇぇぇщ(゚Д゚щ)
    ↓
足がぁぁ、足がぁぁ・・・((( ^・_^・) チラッ
    ↓
ちょ・・・骨見えてるってΣ(・ω・ノ)ノ
    ↓
すげぇぇぇ、白いぃぃぃщ(゚Д゚щ)

豪雨で凍える寒さ。

痛さと寒さにふるえながら救急車を待つ。

あっ、ひかれたの千葉県ね♪

救急隊員に身を任せてピーポーピーポー。

痛いし、寒い(>_<)

あっ、電話しなきゃ!

30分後に友人に会う予定だったので、力を振り絞り携帯を操作。

ぷるるる♪ぷるるる♪

・・・出ねぇぇ。

救急隊員「今は、電話は控えてください!」

ヨシ「す、すいません・・・でも、会う予定だった人がいるので
    キャンセルの連絡だけでも・・・お願いします・・・。」


メールを震える手で作成。

他にも2人の友人に会う予定だったので合わせて送る。

「ごめんじこったきょうむり」

もう変換とかできねぇ・・・がくッ。

・・・・・。

ぷるるる♪ぷるるる♪

友人からかな・・・取れねぇだよ。




2006.11.13.Mon 21:00 | 骨折生活 | trackback(0) | comment(10)
ししゃもったあとは国道235を南下。
日高に入るとお馬さんの牧場が広がっています。
通称サラブレットロード。

丘を越える度に小雨が降ったりやんだりだったので
じっくり馬を見るわけでもなく、南を目指す。

3時頃には襟裳岬に到着。
ココは濃霧強風で有名な地。

ss-IMG_3233.jpg
・・・視界良好で、無風です(T∇T)

喜んでいいんだろか。
ココは北海道の陸の孤島らしく他と天気が違うらしい。
本日1日中晴天だったみたいです。

ss-IMG_3237.jpg
うむ、なかなかの絶景かな(・ω・)/
目を凝らしてゼニガタアザラシを探したが、見えなかったよっと。

ss-IMG_3241.jpg
まぁ、灯台も。

ss-IMG_3242.jpg
風の館

たまにテレビで紹介されてます・・・無駄な公共施設ってことで。
「風の館」の目玉は「えりも強風体験」なるものです。

・・・いや、外にいれば普通に風強いから(T◆T)

地元民はじめ日本国民総ツッコミ。
ボケるためだけにお金使いすぎです。
しかしながら、本日は無風なので
1年の中で数少ない「風の館」日和です。

入ろうかな、なんて思いもしなかったよ☆

さて、出発。
ss-IMG_3243.jpg
黄金道路です。

襟裳岬から帯広方面に向かう国道336号を黄金道路といいます。
ココは断崖絶壁が続き、道路建設に莫大な費用が掛かったため名づけられました。

ss-IMG_3244.jpg
こんな路です。
断崖絶壁、波打ちギリギリです。
普通に道路に波がざっぱーんきてたし(゚◇゚;)
バイクで波側走行するのはキケンだな。

ss-IMG_3245.jpg
途中ホクレンの旗ゲット。道南の黄色♪
2年前はそんなん知らなかったよ。
北海道のライダーは旗好きなんだなって思ってました(-_-)


つづく

         ずっと・・・

         みんなに

       内緒にしてたことが

        ・・・あります。

      このまま黙っていようかと

         思っていたけど

         勇気を出して

          告白します。

           みんなを

         騙してるみたいで

           辛いから

           実は・・・

           ぼく・・・






 骨、折れてます(≧∇≦)


 
          やん、言っちゃった☆






2006.11.11.Sat 22:24 | 骨折生活 | trackback(0) | comment(8)
まだ薄暗いうちにテントをしまい、出発。
北海道の大地への期待に心躍らせる。

ココ室蘭は工業都市のイメージがありますが
なんのその、大自然があるんですよ、これがッ!!
だいぶ前の話ですが「北海道の自然100選」で1位にもなった!

そう、地球岬☆

高さ100mの断崖絶壁が続き、広大な大海原を一望☆

さぁ、皆の者ッ!

苦しゅうないッ!

存分に見るがいいッ!

これが北海道の

大自然なりッ!!

ss-IMG_3216.jpg
見えやしねぇ(T∇T)

しかも、すげぇ寒い。

ss-IMG_3217.jpg
ホアイトアウト♪

あきらめて下界におりると、すぐのとこにイタンキ浜ってのがあります。
ココは歩くとキュッキュッ♪と音が鳴る「鳴き砂」で有名。
ss-IMG_3218.jpg
・・・鳴きやしねぇ。

鳴き砂が、鳴いたためしがないんですが(-_-;)
歩き方が悪いのか、天候条件が悪いのか・・・わからねぇ。

さて、とりあえず目指す方向なんですが「襟裳岬」方面に向かいます。
天気予報をみるに道内どこも天気が悪く、襟裳方面がまだましとのこと。
予定は立ててないし、まずは雨から逃亡です。

そう簡単に逃げれるわけもなく、雨は降ったりやんだり。
途中休憩しながら、道の駅「むかわ」に到着。

・・・うわぁ~、めんどくせぇ~。
こんなん置くなよ(-_-;)
ss-IMG_3221.jpg
しぶしぶ撮影、ダラダラ撮影。
コレ楽しんで撮ってるわけじゃないので、あしからず。
なんか撮らないと敗北感に陥るので・・・・・自分でも意味わからん。

ss-IMG_3222.jpg
石川県のライダーさん・・・名前聞いてないや。
今夜のフェリーで帰るみたいです。
30分くらいしゃべったかなぁ。

十分休憩できたので、出発。ばいばい。
さて、ココ「むかわ」には有名な食べものがあります。

それは

ししゃも

ちょっと奥さん!その辺のスーパーに売ってる偽物じゃないよ!
モノホンのししゃもっすよ(≧∇≦)
ちなみにスーパーに売ってんのはししゃもじゃなくて

カペリンですから
(和名は「樺太ししゃも」、略して「ししゃも」・・・そこ略すな)

そんなわけでたまたま通りかかった北海道海産物のお店に立ち寄る。
(そうこれこそが前に出てきた「めぐみ水産」です。参照リンク「今が旬!」「え?まじで??」

ss-IMG_3223.jpg
いやん、ししゃもいっぱい☆

店内に入ると、北海道の海産物がたっくさん。
もちろんししゃもたんとあります。
しかし、コレ買っても焼かないと食えねぇ~しなぁ~。
ダメもとで店員さんに話しかけ

ヨシ「むかわって、ししゃもで有名なんですよねぇ~。」

店員さん「そうですねぇ、釧路でも取れますがココと味が違うんですよ。
        やっぱむかわのが旨いんです!どうです?お土産に???」

ヨシ「・・・・・すぐ食べたいんですけど、ココで焼いてもらったりってできます???」

え?(゚◇゚;)

店員さん「・・・・・わかりました!遠くから来てるみたいなので、焼く準備しますよ!!」


ステキぃぃぃぃぃぃ(≧∇≦)

やったー♪
わざわざ机、椅子を用意してくれて
しかも、ししゃもを焼くのは炭火ですよ!!
ペットボトルのお茶までサービスしてくれました。

ss-IMG_3226.jpg
うわぁぁぁ、うまそー☆

カペリンとは、大きさが全く違います。
貧弱すぎだな、カペリンは。

ss-IMG_3231.jpg
どれどれ、がぶり♪

うめぇぇぇぇぇぇぇぇщ(゚Д゚щ)

なんじゃこりゃぁぁ!
もう2度とカペリンししゃもとは言わない。
ししゃもに失礼だ( ゚Д゚)

ss-IMG_3232.jpg
優しきステキ店員さんのトシさんです。
2ショットをお願いすると、わざわざ撮影のためにタコを用意してくれました。

ホントありがとうございました☆
トシさんに、感謝感謝です。

本日の昼ご飯「ししゃも」でした。


つづく





くしゃみ10回以上のときは

50錠くらい呑めばいいのか???



2006.11.09.Thu 23:17 | 日々の戯言 | trackback(0) | comment(2)
さゆりを十二分に楽しんだら、南下です。

むふふ、いよいよ北海道に上陸すべくフェリー埠頭へ。
前回は本州最北の地、大間~函館間を乗船しましたが
今回は青森~室蘭のフェリーに乗ります。

9時過ぎには青森に着いたっけかな、そーいえば前は太平洋側を
北上してたから、青森市は初めてですわ。
とりあえず、フェリー埠頭で乗船手続きの確認。

室蘭行きは昼頃に出発とのことなので、時間調整のため温泉目指す!
昨日の滝温泉以降風呂に入ってないからねぇ~。
南下すること20キロくらいかな、下湯ダムの「タヌキの湯」が

・・・・・あるはずなんだが、見つからない(-_-;)

なにも看板がなく、たまたま遭遇したライダーさんに聞くものの、ない。
うみゅ~、草ぼうぼうダートを行ったり来たり。

よし(≧∇≦)

あきらめよう♪

とぼとぼフェリー埠頭に帰るのでした。

ss-IMG_3201.jpg
乗船する「びなす」。
いつもフェリーはわくわくすっぞ♪

船内を一通り探検。
ss-IMG_3207.jpg
暇つぶしにこんなん撮ったりして。
めいっぱいウロウロして、カラダをクリーンアップ☆
ゆっくり浸かれる風呂が気持ち良すぎだべ。

で、寝る。

ss-IMG_3208.jpg
夕日見るため、ムックり起きて黄昏てみる。
北海道はすぐそこだなぁ( ̄◇ ̄)ポケー


ぷほぉー♪ぷほぉー♪


室蘭到着。

うおぉぉぉぉぉぉ!!

ほっかいどーに戻ってきたぞぉぉぉщ(゚Д゚щ)



しかし、もう夜なわけで本日はすぐ近くのデカい公園でテント。

1人でせっせとテントの準備♪

あ、キツネいる。

早く寝て、明日の備えよっと♪


・・・キツネぇぇぇぇぇぇぇщ(゚Д゚щ)

ss-IMG_3212.jpg
上陸すぐにキツネ!

さ、さすがは北海道だ(゚◇゚;)!!

なんつーか、あっさり登場しすぎじゃねーか、キツネよ。

撮影秘話。
このキツネ落ち着きなくてずっとテクテクしやがる。
夜なのでフラッシュが必要で、フラッシュは近くないと効果ないわけで
30分以上キツネと追いかけっこ。。。
静かに小走りで追いかけるが、こいつ止まらねぇー。
遠くからの写真だと、暗い上に豆粒大で納得いかない。


・・・・・すげぇ体力削られたわ(T◆T)


つづく



朝、起きると昨夜の名残とばかりに濃霧(-_-;)
むむぅ~、日が出てくれば霧も晴れるだろ~と、ゆっくり旅支度。
徐々に晴れてきたので、撮影会。

ss-IMG_3189.jpg
やっとココまでたどりついたさ、竜飛岬。

ss-IMG_3192.jpg
コレはかの名曲、津軽海峡冬景色の歌謡碑。

そうっすよ、石川さゆりですよ(≧∇≦)
上野発でも、夜行列車でも、雪の中でもないですけど。

んで、楽しいのが

ss-IMG_3191.jpg
この赤いボタンをポチとな♪すると、大音量で津軽海峡ですわ(≧∇≦)

ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと
見知らぬ人が 指をさす
息でくもる窓のガラス ふいてみたけど
はるかにかすみ 見えるだけ
さよならあなた 私は帰ります
風の音が胸をゆする
泣けとばかりに
ああ 津軽海峡 冬景色


ちなみに流れるのは2番ね。
ホント大音量、楽しくて出発の準備しながら10回以上聞いたわ(笑)

ss-IMG_3193.jpg
竜飛崎灯台です。

ss-IMG_3197.jpg
早朝来たときはバックの灯台すら見えなくて、晴れてからまた来ましたよっと。

ss-IMG_3186.jpg
有名な日本唯一の階段の国道です。

ss-IMG_3187.jpg
こんな感じ。

もちろん車両の通行なんてできないわけですが、なぜ国道!?
昔、テレビで見たんですが、テキトーなお役所仕事の結果みたいです。
現地に行かずに机上の地図で国道に指定。
あとから階段ってのに気付き・・・そのまま。
今や、観光名所になってから結果オーライかな。

ss-IMG_3198.jpg
下からのアングル。
こっちの方がよく見る写真かな。
メンドーなので階段を上ったりなどしてません。

ライダーはバイクから降りて、歩き過ぎると死にます。

つづく




夏の終わりと秋の訪れが入りまじっていた、そんなある日。

僕は海風を感じながら、南へと向かっていた。

いつものように原付きでの気ままな旅。

なにもかも自由に自分で決める、そんな旅だ。

ふと、ミラーを見る

後ろに白色系の単車に乗ったオッサンがいた。

抜かれるのは慣れている、いつものことだ。

左に寄って抜かれるのを待つ

するとオッサンは近づき話しかけてくる。

何言ってんだ?オッサン?

仕方なく原付きを止めて、話を聞いてみる。

オッサン「どこから来たの?」

ナンパか、オッサン!僕は男だぞ!!

ヨシ「・・・名古屋です。」

オッサン「ずいぶん遠くから来たね。今から、どこ行くの?」

なぜお前にそんなこと教えねばならんのだ。

ヨシ「・・・南の方です。」

いいかげんにしてくれ!

僕の自由を奪うな!

お前の目的はなんなんだ!?

オッサン「免許書見せてもらっていいかな?」

変わった趣味してんな、オッサン。

免許フェチに出会ったのは初めてのことだ。

ヨシ「はい・・・どうぞ。」

見せてやるから、いいかげん開放してくれ。

ひとしきり免許を見て、それを僕に返した。

オッサン「じゃあ、休憩しながら気をつけていくように。」

ヨシ「・・・はぁ。」

去っていく、オッサン。

いったいなんの意味があったんだ。

僕は彼の儀式に巻き込まれただけなのか。

その後

注意して見ていると、

いろんなとこでオッサンと似た格好の人達を見かける。

彼らは何がしたいのだろうか。

未だに謎である。

2006.11.05.Sun 23:14 | 日々の戯言 | trackback(0) | comment(6)
なまはげったあとは
ずーーーーっと、北を目指します。
特に目標は決めずに行けるところまで。

しかし、東北もココまで北にくると寂しい。
街と街との間隔が広過ぎだし、すげぇ暗い(-_-;)

ss-IMG_3182.jpg
青森県に入るちょい手前、道の駅「はちもり」
湧き水を貪る家族のみで、人がいない。つーか、君らどんだけ持っていくねん!
100ℓ以上は汲んでたな。オラもペットボトルに汲み飲み水にする。

白神山地からの湧き水。うん、確かにうまいッ(≧∇≦)
    翌朝、明るくなってから飲もうとしたら、中に見たことない虫の死骸が浮いていて、
    泣きながら湧き水を捨てたのは、お兄さんと良い子のみんなとの秘密だぞ☆



暗い夜道をずんずん走る。
コンビニもあんまりないからどんどん進む。
気が付けば津軽半島の根元まで来てた。

どこで寝ようか・・・地図を確認。
竜飛岬の15キロくらい手前、道の駅「こまどり」まで行っちゃうか。
瞬きを邪魔する光がないため夜空は満点の星でいっぱい☆
「こまどり」に着いた頃にはテンション無駄にあがってた。

竜飛岬で星空?見るっきゃないでしょ!!
 俺はいった何キャラだ?



キレイな星たち☆



高まる気持ち



近づく竜飛



吼えるズーマー



星はすぐそこ



残り1キロ





激濃霧(T◆T)




なぜだぁぁぁぁぁぁщ(゚Д゚щ)
今の今まで満点の星空だったのに・・・

もう

なんも見えねぇ

戻る気力もなく、竜飛岬でテント張ってすぐ寝た(-_-)


つづく


すっかりなまはげに興味津々な、わたくし。
こんなところまで来ちゃいました。

「なまはげ館」800円なり。
いつもはこーゆー施設には入らないのだが
気になって気になって・・・突入ですがな。

ss-IMG_3175.jpg
なんつー微妙な顔してるんだろ。

ss-IMG_3174.jpg
入ってすぐ、はまはげ。
さずがはなまはげ館だ。

で、中はというと

やっぱりなまはげ大漁(≧∇≦)

ss-IMG_3153.jpg
男鹿半島の地区によって、独自のなまはげがあるようです。
うん、すごいけどこんなにたくさん見せられても。。。

なまはげのマスコット☆
ss-IMG_3156.jpg
ナミーと

ss-IMG_3155.jpg
ハギー

ナミーとハギー

ナミーハギー

ナミハギ

なまはg・・・実に安直ステキなネーミングセンス☆



さて、大漁なまはげや、ゆるキャラはほっといて

ココのメインイベントは「伝承館」で行われる。


実演なまはげ(≧∇≦)


もう大興奮ですよ、奥さん!
しかも、平日で閉館間際だったもんだから
最大動員120人のところをたったの2人ですよ!

たったのふ・た・り☆
もう演者の方が人数多いっつーか。

1人につき、1はまはげ♪



自分専用のなまはげ♪



Myなまはげ♪




ss-IMG_3159.jpg
なまはげ登場!

うおぉぉぉ( ゚Д゚)

ss-IMG_3161.jpg

わるいごは!なぐごは!


ss-IMG_3160.jpg

いねがぁぁぁぁぁぁぁщ(゚Д゚щ)

いやん、楽しい(≧∇≦)

ひとしきり部屋をうろついたところで、家の主人になだめられる。

主人「まぁまぁまぁ、なまはげさん。落ち着いて、料理や酒を
                用意したんでぇ、めしあがってくだせぇ」


なまはげをエサで釣る主人。

なまはげ「おい、おやじ!ごまかそうとしても、
       この「なまはげ台帳」にぜぇ~んぶ書いてあっがらな!!」


ss-IMG_3168.jpg
なまはげ台帳なるものを読みだす、なまはげ。

なまはげ「おやじぃ!ごれによれば、おめぇとこの息子は学校がら
          帰っだら勉強せずにゲームばっかやっでるそうででねぇが!」


主人「はまやげさん、そんなごどねぇだす。ちゃ~んと勉強もするし
                   家の手伝いもやる、いいごにしでますぅ。」

なまはげ「そうが?ほんどが?でぇも、おめぇんとこの嫁は朝はおばぁに
          飯作らせて、夜はカラオケ行って遅くかえっでぐるそうでねがぁ!」

主人「そぉ~んなごどねぇです。ちゃ~んと家事もやるし、
        しっがり家を守ってぐれでますぅ。いい嫁ですわぁ。」


そんなこんなで、家ん中歩きまわったり、おやじと語りあったり。
ゲームやら、カラオケやら現代風にアレンジしてたりと。
なまなまはげ、よかったですわ☆

ss-IMG_3166.jpg
夢のコラボ(≧∇≦)

ちなみに左にいるのが主人です。撮影許可も事前了承済。


もう身も心もすっかり、なまはげになったところで。

なまはげコスプレしちゃいます(≧∇≦)


ss-IMG_3173.jpg

うぉぉぉщ(゚Д゚щ)


ss-IMG_3172.jpg
職員さんが着せてくれて、撮影もしてくれます。
しかも、お面かぶったままだと誰かわからないってことで
ちゃんとなまはげ面かぶらないバージョンも撮ってくれます。

なまはげにもなれたことだし、意気揚々をなまはげ館をあとに。

ss-IMG_3177.jpg
すぐ近くのなまはげ縁の真山神社。
ここでは大晦日になまはげ柴灯まつりが開催されちゃいます。

ss-IMG_3179.jpg
面がくせぇくせぇ(T◆T)

もうがっつり、じっくり、たっぷり堪能♪
実に名残惜しいがなまはげとお別れです・・・。

で、男鹿半島を後にする途中・・・



え???(;゚д゚)




・・・(つд⊂)ゴシゴシ





(;゚ Д゚) …!?



ss-IMG_3180.jpg
なまはげ直売(≧∇≦)

まさかなまはげを直売してるとは!?

しかし、残念なことにもう営業時間を過ぎてて、なまはげ買えず。
あぁ、いったいどんななまはげを直売してたんだろ。
気になる、すげぇ気になる・・・誰か見てきてください、教えておくれ。

つづく





3・連・休(≧∇≦)



さて・・・どうしよう(-_-)

2006.11.02.Thu 23:51 | 日々の戯言 | trackback(0) | comment(7)
いい湯でカラダを休めたあとは、たっぷり酷使。

国道108号で日本海へGOです。
お昼頃には、ただいま日本海(≧∇≦)

ss-IMG_3129.jpg
たぶん道の駅「岩城」かと、思われます。

何も考えずに、海沿いを北上。
秋田市は無視して、目指すは男鹿半島!

男鹿半島といえば、もちろん・・・


そうですよ!

なまはげですよ!!

わるいごはいねがぁぁぁщ(゚Д゚щ)




ss-IMG_3130.jpg
すぐさま、第一なまはげ発見!

ss-IMG_3131.jpg
第二なまはげ捕捉!!

海岸線の途中にある潮瀬崎に寄り道。
ss-IMG_3133.jpg
潮瀬崎灯台。

左のおっさんがいなくなるのをちょっと待ったが、
黄昏て動かないので仕方なくおっさん入りでの撮影。

ss-IMG_3139.jpg
ゴジラ岩。夕日バックのシルエットだとよりゴジラらしい!
まぁ、ゴジラのために夕日を待つわけにはいかぬな。

ss-IMG_3140.jpg
うわぁぁ、食べられるぅぅぅ(>_<)

・・・かわいそうな子でしょ?

タイマーセットして、ダッシュ!!
しかも、うまくいかず何度も撮り直ししたりするし。
そんな現場を見られてちょくちょく笑われたりします(-_-;)


ss-IMG_3142.jpg
デカなまはげ(゚◇゚;)!!

んでんで、先っちょの入道崎に到着ですわ。
ss-IMG_3143.jpg
なかなかステキなとこでした☆

ss-IMG_3144.jpg
岩の隙間を繋ぐ線が「北緯40度線」です。
名古屋が北緯35度なので、北に5度移動しました。
まぁ、5度って言われてもよくわかりませんがね。

ss-IMG_3148.jpg
黒のしましま灯台。
なんでしましまなんだろ???

ss-IMG_3150.jpg
デカなまはげパート2。

もう至る所になまはげですわ(≧∇≦)
看板やら、イラストやらで町中にあふれてます。

ホンモノどっかにいねぇかな。

つづく











カレンダー

10 | 2006/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

プロフィール

旅人ヨシ

Author:旅人ヨシ
ヨシと申します。
放浪が大好物です。

原チャ(ズーマー)で
全国を旅してみたり。
ヒッチハイクをやってみたり。
海外バックパッカーしたり。

愛知県在住です。
ふらっと遊びきてくらはい。

ブログランキングへGO!

ランキングにご協力を☆

FC2ブログランキング

にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ

毎日ポチっとひと押し♪

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。